日本非破壊検査工業会

工業会について理事長挨拶



一般社団法人日本非破壊検査工業会 
理事長 松村 康人

 

 

私たちは、非破壊検査技術を使って社会の安心・安全を目指す企業を会員とした団体です。 社団法人として経済産業省のご指導のもと設立し、40年の歴史を持ち、非破壊検査に携わる企業、検査機器製造・販売の企業を包括する国内唯一の団体でもあります。 業界が関与いたします主な業務は、発電所の設備や石油化学プラントの安全操業への品質管理、また道路・橋梁・鉄道の安全確保、さらには建築構造物・公共施設、マンション、住居等さまざまな対象物の検査を行っています。 これらの技術に併せ、産業界の中での技術者の育成を図るため講習会の開催や、新たな技術の公開の場や機器関係の展示会などを通じ非破壊検査の技術をお知らせする場を設けています。 私たちは、これらの技術を使うと共に、新たな技術を開発し社会への貢献に務める所存です。

 

主な事業では

1.新技術の向上と普及育成
  規定されていない特殊性のある検査技術の講習会の開催
  コンクリート構造物の配筋探査講習会の開催
  非破壊検査技術討論会

2.技術開発に関する調査・研究
  諸団体・機関からの受託研究並びに規格作り

3.放射線管理手帳の発効機関
  放射線管理手帳の発行業務

4.展示会の開催
  東京ビックサイトにおける非破壊評価総合展の主催

5.技術相談
  WEBサイトを通じて、また展示会会場での技術相談の応対

このような事業を通じ、安心・安全の提供出来る工業会として邁進してまいりますので皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。  

 

平成24年4月